case 施工事例

外壁目地のシーリング(コーキング)打ち替え工事

クリックすると拡大します
坪数 30坪
費用 10万~20万円前後(一般的な2階建の場合)
工事箇所 外壁
外壁の種類 窯業系サイディング
費用 10万~20万円前後(一般的な2階建の場合)
工事内容 目地シーリングの打ち替え
  • ヘラで整えます
Point

塗装のポイント

外壁塗装では、外壁材の継ぎ目である目地の防水機能をシーリング(コーキング)工事で確保した上で、塗料を塗ることがポイントです。
また、外壁目地のシーリングは様々な要因で劣化しやすく、お客様の相談が多い箇所です。
「ヒビ割れ」のほか、「切れ」と呼ばれるすき間が空いてしまう現象など劣化・不良の症状の度合いにより、対処が異なります。

症状が軽度の場合は「増し打ち」という工法で、既存のシーリングを取り除かずに、上から重ねて施工します。
症状が重度の場合は「打ち替え」と言って、既存のシーリングをきれいに取り除き、接着性を高めるためのプライマー処理をした後、新たに充填します。
シーリングを良好な状態に保つことは、建物への雨水の侵入を防ぐためにとても重要です。

担当者からひとこと

<シーリング打ち替えの工程をご紹介します>
1、既存のシーリングを除去する
2、周囲の壁面を汚さないようにマスキングテープで養生
3、シーリング材の密着性を高めるため、施工個所の目地をプライマーで処理する
4、新しいシーリング材を充填する
5、ヘラで表面を平らに美しく整える
6、マスキングテープを除去
7、乾燥させて完成(乾燥するまで触らないように注意する)

外壁塗装を分かりやすく紹介した

「家を守るおはなし」プレゼント!

他にも、塗装や外装の工事に関する資料を
ご提供します

ご相談窓口